以下はオリジナルLeqtique、Redemptionistの説明文ですが、内部のコンポーネンツの差異などありますがオリジナルと極めて近いサウンドチューニングを施してあります。

Leqtique4作目となる今回の作品は、Shun Nokina Design(SND)のフラッグシップモデルでありベストセラーであった“Redemptionist”(aka RED)をLeqtique版として低価格に抑えながらも、よりサウンドのバリエーションを拡張することを目的とし設計されました。

2009年に最初のバージョンがSNDより発売されて以来、弱点とも捉えられる利きの狭められたTrebleコントロールをRED特有のスムースなサウンドを残しながらどうにか拡張できないかと、“RED V2”、“RED V3”(いずれも未発売)といったプロトタイプを試作してきましたが、当時は適切な回路が思い浮かばず断念していました。
そして、その4年間の経験で培われた多くの新たな回路、パーツ双方のアイデアにより、今回のLeqtique版Redemptionistは完成されました。
基本的なキャラクターとしては、Overdrive/Distortionというべき中庸的かつ強力なバーサタイルさを持っています。

まずGainコントロールに関しましては、0%の状態ではSND版REDに対して遥かに拡張されたTrebleコントロールと併せて、サウンドにソフトさ/煌びやかさを付加するようなクリーンブースター・プリアンプ的な用途として、またそれ以降の50%前後までの範囲では特にギターのボリュームによく反応し、太いクリーンサウンドまで即座に戻せるようなPop/Rock/Fusionなど全般に使用できるようなピッキングによく食いつく粘りのある歪みサウンドを、そして50~100%のGainレベルでは特にShredなどにぴったりなレガートで、サステインの長いリードサウンドを演出します。

次に、Trebleコントロールは前述にもあるとおりSND版REDよりも拡張されているため、0~50%の範囲でほぼ妥協なくオリジナルREDのサウンドをカバーし、50~100%ではトップエンドのソフトさや全体のフィールを残し、破綻しないようにTrebleがより上げられる様に設計してあります。
アンサンブル時の音抜けの調整などにも非常に効果的です。
この二つのコントロールを基本として補佐する形で存在するのがLow-Cutコントロールで、50%方向を基調とし他の機材との相性やお好みに合わせてオーエンドの微調整が可能です。

また、範囲の拡張されたVolumeコントロールも同様に、オリジナルREDより利きが強くなっています。
最後に、再設計時の副産物としてオリジナルREDよりも数段階ローノイズ化されたのもポイントです。

前作の9/9のような強烈なモダンハイゲインサウンドや、MATのあくまでもミドルにピークのあるTSサウンドをベースとしたようなサウンドは演出できませんが、一台持っているとあらゆるシチュエーションに対応可能なRedemptionistの妥協なき懐の深さを是非お楽しみください。

【 即納可能! 】【 あす楽 】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。


オープンコンペ特集 最安値プラン
営業イチオシプラン

見事な L' Red【Shun Nokina氏新ブランド】-エフェクター

見事な L' Red【Shun Nokina氏新ブランド】-エフェクター

10月2016

  • 1
  • 5
  • 8

地図でゴルフ場・プランを探す

関東地図